葬儀に参列した時の心得

葬儀に参列した時の心得 大人になるとどうしても増えてくるのが冠婚葬祭への参加です。年齢を重ねるごとに葬儀の連絡をもらう事が多くなり、会社関係や知人、友人などあらゆるつながりから葬儀への参列の可能性が増えていきます。その際、注意しておきたいのが参列する時のマナーと参列するときの心構えです。特に参列する時にはきちんとした服装や持ち物で参列する事はもちろんの事、遺族の方への心遣いなど、故人への弔意を示す事が重要と言えます。

葬儀への参列が増えるほど、参列する事に慣れてきてしまい何かと気持ち的にも緩んでしまいがちですが、気持ちを緩めて参加すると大人としての礼儀やマナーを欠いた行動になってしまう事もあるので、あくまでも正式な場に大人として参加しているという点をわきまえて行動する事が大切です。その際心得ておきたいのがふるまいです。特に親しい人の葬儀の場合、友人や知人と一緒に参列する事も多く、久しぶりに再会する人もいます。その時、同窓会のような感覚で相手に接しているとどうしても声が大きくなってしまったり、笑顔がこぼれたりなど、葬儀の場にふさわしくない行動をとってしまう事もあります。そうなると、遺族の方へ失礼になるだけでなく、参列している他の方にも不快な思いをさせてしまう事になるため、葬儀に参列するときは故人に別れを告げて遺族の心に寄り添うために参加するという思いで参列する事が大切です。

また、訃報はいつでもいきなり舞い込んでくるものです。冠婚葬祭のなかでも、結婚式などおめでたい事に関しては事前に準備をする事もできますが、葬儀に関してはお互いに突然の出来事である事がほとんどです。何もない時に、いざいという時のための準備を整えておくという気持ちで喪服や香典用の特別費を用意しておくなど、突然の出来事にいつでも対応できるように自分の身の周りを整えておくことが大切です。

葬儀に参列する事が多くなると、特に慣れてきたころに大きなミスをしてしまいます。一社会人として時間厳守はもちろんの事、身だしなみや服装、持ち物など、もしもに備えていつでも対応できるようにしておきましょう。そうしておくと、いざ訃報が届いた時に、遺族に対してしっかりとお悔やみの言葉をかけられる心の余裕が生まれてくるのです。大切なのは慌てないようにしておく事です。いつでも準備オッケーというわけではありませんが、もしもは突然やってくると心に置いておくようにしましょう。

最新ニュース